生命保険は大切、しっかり知ろう!


by hokennews
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

学資保険はほんとに必要?

保険会社や保険代理店にとって「学資保険」を顧客開拓の道具と考えている節があります。
いわゆるドアノッカー商品です。

「進学資金の積立」をきっかけに、その他の保険も含めて、他社からの「乗り換え」などをすすめながら、「本格的な保障性商品」への加入を推進したいわけです。その結果、世帯主の死亡保障に加えて、医療保障から配偶者・子供の保障まで、ありとあらゆる資金準備を保険で賄うことになった家庭もあります。「病気や怪我をする確率」があまり高くないことを考えると、これは合理的でないと感じます。
「学資保険」という名前にひかれて、明確な理由なく加入検討する方も多いようです。

 「学資保険」を勧める際、頻繁に用いられるのは、子供1人当たりの教育費に600万円から2000万円かかる、といったデータです。将来の進学時の一時金を準備する前に、日々の教育費の支払いに追われかねません。「保険ばかり入っている場合ではないだろう」という気にさせられる数字ですね。。。


こちらは金融庁のHP
保険での苦情などの相談の最終手段的存在です。
[PR]
by hokennews | 2009-04-12 04:28