生命保険は大切、しっかり知ろう!


by hokennews
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

生命保険の仕組み

生命保険の役割には次の2つがあることを覚えておきましょう。

(1) 死亡保障
死亡や高度障害になった場合に保険金がでます。
(2) 生存給付
保険をかけてから一定期間が経過したら保険金がでます。

生命保険の基本型とは?難しそうな生命保険ですが、実は生命保険の基本種類は定期保険、終身保険、養老保険 の3つだけなんです。
テレビや雑誌でよく見る保険は、これらをミックスさせたものなんです。

1.定期保険について
あらかじめ決められた期間内に死亡してしまった場合に保険金が払われます。生存給付はなく死亡保障は期間限定なので、割安な保険料で高額な保障をつけることができます。

(1) 死亡保障

(2) 生存給付
定期保険に生存給付はありません。

2.終身保険について
死亡保障が一生涯続く生命保険です。 生存給付はなく、死亡保障の期間が無制限の保険で、定期保険よりも保障期間が長い分だけ保険料は高くなります。

(1) 死亡保障

(2) 生存給付
終身保険に生存給付はありません。

3.養老保険について
死亡保障と生存給付を合わせた保険です。保障と貯蓄が充実している分、保険料が一番高くなりやすい保険です。

(1) 死亡保障

(2) 生存給付


詳しい説明:生命保険の仕組み
[PR]
by hokennews | 2007-12-09 12:17 | 生命保険