生命保険は大切、しっかり知ろう!


by hokennews
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2007年 12月 09日 ( 2 )

生命保険の特約

特約とは生命保険の主な保障部分(主契約)に、別の種類の保険を「おまけ」のような形で付加するものを特約といいます。主契約は単独で契約できますが、特約は単独では契約できません。
現在は様々な特約を組み合わせた生命保険商品があるので、保障ニーズを見極めて自分にあった生命保険特約をうまく探してくださいね。


いろいろな特約のご紹介生命保険の特約には様々な種類のものがあり、ここでは一部を紹介していきます。すべての特約を一般の方が理解するのは非常に難しく時間がかかるので、ここでは『こういう特約があるんだー』と軽く読んでいただいて結構です。
生命保険を具体的に検討するときは、自分にはどんな保障が必要であるのか保険代理店などの保険専門家さんとご相談されることをオススメします。

(1) 災害割増特約
不慮の事故や、特定感染症で死亡した場合に、主契約の死亡保険金に上乗せして災害死亡保険金を受け取ることができます。

(2) 成人病入院特約
成人病で入院した場合に、入院給付金を受け取ることができます。入院給付金以外にも手術給付金が受け取れるものもあります。
(成人病とは、がん、糖尿病、脳卒中、急性心筋梗塞、高血圧性疾患をいいます。)

(3) 女性疾病入院特約
女性特有の病気(子宮、乳房の病気や甲状腺の障害など)で入院した場合に、入院給付金が受け取れます。入院給付金以外にも手術給付金が受け取れるものもあります。

(4) リビングニーズ特約
病気やケガの種類にかかわらず、余命が6カ月以内と診断された場合に、死亡保険金の一部または全部を生前に受け取ることができます。この特約の保険料は不要で、受け取った保険金は非課税になります。


詳しい説明:生命保険の特約
[PR]
by hokennews | 2007-12-09 13:14 | 生命保険

生命保険の仕組み

生命保険の役割には次の2つがあることを覚えておきましょう。

(1) 死亡保障
死亡や高度障害になった場合に保険金がでます。
(2) 生存給付
保険をかけてから一定期間が経過したら保険金がでます。

生命保険の基本型とは?難しそうな生命保険ですが、実は生命保険の基本種類は定期保険、終身保険、養老保険 の3つだけなんです。
テレビや雑誌でよく見る保険は、これらをミックスさせたものなんです。

1.定期保険について
あらかじめ決められた期間内に死亡してしまった場合に保険金が払われます。生存給付はなく死亡保障は期間限定なので、割安な保険料で高額な保障をつけることができます。

(1) 死亡保障

(2) 生存給付
定期保険に生存給付はありません。

2.終身保険について
死亡保障が一生涯続く生命保険です。 生存給付はなく、死亡保障の期間が無制限の保険で、定期保険よりも保障期間が長い分だけ保険料は高くなります。

(1) 死亡保障

(2) 生存給付
終身保険に生存給付はありません。

3.養老保険について
死亡保障と生存給付を合わせた保険です。保障と貯蓄が充実している分、保険料が一番高くなりやすい保険です。

(1) 死亡保障

(2) 生存給付


詳しい説明:生命保険の仕組み
[PR]
by hokennews | 2007-12-09 12:17 | 生命保険